しみない

「滲み」「染み」「凍み」という未然形に、打消の助動詞である「ない」がついて「しみない」と表現されます。冷たいものを飲んだ時でも歯がしみたりしない時や、雨が靴にしみこまない時などに使われます。

新着ページ